2010/02/06

クルマづくりの競争がインディに帰ってくる!!

リンク: IRL:2012年からのニューシャーシの概略を発表、4つのコンストラクターの競作へ: FMotorsports Kaigai.
これは楽しみ!
現在もルールでワンメイクと決めたわけではなかったが、競争の結果パノス(Gフォース)が淘汰されてダラーラのみの供給となってしまっている。でもシャシーの更新にあたり新たに3社が参入すると言うのだ!

ローラもスウィフトもCARTで培ったノウハウがあるので、IRLへの対応は問題ないと思われる。
けど、「デルタ・ウィング」って何者?

またIRLでは今回の更新にあたり、安全性やコストと行った従来の条件のほかに

*ニューシャーシは、インディアナポリスをベースとしてアメリカ国内で組み立てられることが望ましい。

*より軽量でコンパクトで、効率的な方法での空力特性を持っていること。

*IRLはニューシャーシに自動車産業の将来と関連した技術を持つことを望んでいる。トラックで開発されて市販車に応用できる革新的なテクノロジーを求めている。

*IRLはグリーン・レースとして、シリーズの環境へのやさしさへのリーダーとしてのイニシアチブの位置を保ち続けることを望んでいる。

などを求めている。
ダラーラはイタリア、ローラはイギリスに本拠地を持つが、これはアメリカ国内にメンテナンス工場を構えることで対応可能だろう。
しかし気になるのは「革新的なテクノロジー」と「グリーン・レース」だ。
これだけでは具体的に何を指すのか分からないのだが、もしかしてF1で上手くいかなかったKERSの搭載を考えているのだろうか?
「グリーン・・・」については現在もバイオエタノール97%を燃料に使用しているので、それを改めて強調しているだけかもしれないが。

いずれにせよ、2012年にインディカーは新しいコンセプトのもとでレースを行うことになった。
前回の入札に参加していた童夢の名前が此処に無いことは残念だが、シャシーメーカー同士の競争が戻ってくることはファンとして素直に喜びたい。


ここからは僕の単なる想像だけど。
先日支払いの問題でカンポス・メタと決裂したダラーラは、作りかけていたF1をこのカテゴリーに投入しようと考えてたりはしないのかなぁ?
ダラーラほどの会社が作ったクルマがお蔵入りしちゃうのはすごく勿体無いと思うんだよねぇ。


*動画は記事内容とは無関係です。(^^)
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/06

F2だのGP3だのとなんだかややこしいことになってきたぞ

ジョナサン・パーマーがF2シリーズの概要を発表したかと思えばGP2サイドは2010年からのGP3シリーズ開始を発表ときた。

なんかもう「やられたら、やりかえす」みたいな展開になっているが、どうやらこれはFIA&マックス・モズレーvsバーニー・エクレストン&フラビオ・ブリアトーレの仁義なき戦いの一環ということらしい。

このままいくとGP2とF2、GP3とF3ユーロシリーズという具合に同じようなコンセプトのカテゴリーが同時並行で行われることになるわけだが、F1の興行権を握っているFOAがGP2、GP3側に立っていることを考えると、FIAの推すF2、F3の旗色がどうにも悪い気がして、そこがなんか引っかかるんだよね。
フォーミュラ・パーマー・アウディの焼き直しにしか思えないF2なんぞがどうなってしまおうとどうでもいいのだけど、F1に次ぐ歴史と伝統を誇り、現在も世界中でコンペティティブな戦いが繰り広げられているF3が、このままだとしょぼいワンメイクフォーミュラに駆逐されてしまいそうなのが心配、っていうか悔しい。(実際にはホンダエンジンで行われてるフォーミュラ・マスターが母体になるらしいけど、所詮ワンメイクでしょ、それって)

世界中のシングルシーターカテゴリーがどれもこれもワンメイク化の道をたどっている中でF3は今までずっとシャシーやエンジンの自由な競争を守ってきた。
絶対的なスピードこそGP2やフォーミュラ・ニッポンに及ばないが、車体の改良やセッティングという面ではF3のほうがずっと自由度が大きい。現在はほぼダラーラのワンメイク状態になっているが、それはあくまで複数のシャシーコンストラクターが競争した結果として、ダラーラが他のライバルたちを淘汰した結果に過ぎない。
ルールでワンメイクとは決めていないのだから、購入後にどのようなモディファイを施そうとそれは自由なのだ。
ましてエンジンともなれば、日本でもトヨタ、無限(ホンダ)、スリーボンド(ニッサン)の3メーカーがしのぎを削っているし、ユーロシリーズではメルセデスの牙城をフォルクスワーゲンが突き崩そうとしている。ルノーとオペルは...........どこいっちゃったんだっけ?(^-^;
だからF1を目指す若者たちは、これまでユーロシリーズやブリティッシュF3や全日本F3選手権に挑戦する中でドライビングの腕を磨き、それと並行してクルマの開発という貴重な勉強もしてきたわけだし、観戦する僕らもそうしたメーカー間の戦いを見る楽しみがあるわけだ。

でもその先にF1への道がつながってないとなれば、衰退は目に見えている。
そうさせないためにも、FIAは強権を発動してでもF3からF1への道を確保して欲しい。
できればF2もウィリアムズのワンメイクなんかじゃなくて、複数のコンストラクターが参入する余地を残して欲しい。
そうあってはじめて、伝統あるF2を名乗る資格があろうというものだ。

でもそうするとバーニーは対抗してGP1とか開催しちゃうんだろうかねぇ?(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/06

やっと見たよGP2開幕戦

今シーズンのGP2(今年からユーロシリーズって言うべきなのかな?)のテレビ放送が遂にというか、やっと始まった。
今年はクルマのモデルチェンジがあり、よりスマートでF1チックな外観になった。ラップタイムも向上してるらしい。
個人的にはノーズ周りが96とか97辺りのFポンのローラに似てるような気がしてしょうがないのだけど(^_^;)

でまぁ開幕戦の結果に関しては既に判ってるわけだが、第2レースでは小林可夢偉が日本人初優勝を達成している。
生沢徹も中嶋悟も野田英樹も中嶋一貴も平手晃平も表彰台には上がったけど、誰もてっぺんには届かなかった。
あ、ちなみに生沢さんと中嶋パパはF2、野田はF3000です、判ってると思うけど(^_^)

だからこれは日本のレース界にとっては画期的なこと、偉業と言ってもいいのだけど、実際にどういう内容だったかをテレビで見ると…
う~んなんだかなぁ…

リバースグリッドのポールだしなぁ…
セーフティーカーが入る前はトップのグロージャンに7秒以上離されてたしなぁ…
そのグロージャンはドライブスルーだしなぁ…
勝つには勝ったけど、イマイチスッキリしないんだよねぇ。

でもまぁ、3番手走ってたブエミには追いつかれてなかったし(ブエミは結果的には2位)、中盤以降のペースは悪くなかった。
抜いてトップに立つことは出来なかったが走りそのものは良かったといえるだろう。

だから次こそは抜いて優勝とか、ポールからぶっちぎりというのを見せて欲しいところだけど、既に次のレースも次の次のレースもノーポイントに終わっちゃってることが判ってるんだよね。(^_^;)

だから次の次の次こそよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/03

各国ASNって馬鹿ばっかりかよ?!(-_-#

リンク: F1 : モズレー、続投決定! - Mosley - F1-Live.com.

なんていうか、セックススキャンダルって普通致命的なはずで、実際F1に参加してるメーカーは続投を望んでないわけなんだけど、各国の加盟クラブの代表はそういうの関係ないらしい。
ひょっとして、買収でもされてんの?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/26

松田3連勝!でも今回の主役は平手だったと思うぞ

Fポン第3戦もてぎは又しても松田次生のポール・トゥ・ウィン。
今迄ずっと勝てそうで勝てなかったのが嘘みたいな無敵ぶりには驚くしかないが、CS放送で解説していた光貞センシュによれば、今年のFポンはパドルシフト化したことで今迄とは違ったブレーキの使い方が要求されるようになってて、それにいち早く対応できてるのが松田だ、ということだそう。

そういえば今年はやけに立川も好調だけど、ひょっとして左足ブレーキを使いこなせるかどうかの差、ってことなんだろうかねぇ?
まぁ現時点ではこれは単なる推測の域を出ない話だけど、レース中盤に小暮がリタイヤしたこともあり、優勝争いに関しては単調だったね今回は。(も?(^_^;))

そんな中、アグレッシブな走りで盛り上げてくれたのが、ルーキーの平手だ。
金石年弘やトレルイエとのバトルは本当に見応えがあった。

平手は昨年GP2を戦ってたから、ルーキーとはいえパドルシフトには慣れてるだろうし、Fポンのパワーにも躊躇はないのだろうけど、それでも並み居るベテランたちを向こうにまわして3戦続けてQ3に残り、常に上位争いに加わってることは評価していいと思う。第2戦では表彰台にも上がってるしね。

それだけにスタートで順位を落としたことが残念。
あれがなければもっと上が狙えたかも知れないのにねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/27

コレはやっぱり狙ったんでしょうか?>可夢偉センシュ(^-^;

リンク: FMotorsports Kaigai: GP2:Rd.1バルセロナ 第1レース結果.

まぁ、予選12位だったし。
考えうる最善の策、ってことなんだろうね。

でもWTCCと違ってGP2の第2レースはポイント少ないんだから、やっぱ第1レースで頑張ったほうがいい気がするんだけど。
F1関係者の印象だって、そのほうがいいと思うし。

ま、それは次戦以降に期待、ってことで、とりあえず今回は「日本人初優勝!!」っていう金字塔を打ち立てちゃってください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)