2010/02/13

プリウスの件は官製リコール。企業を守るどころか足を引っ張るポピュリズム政権

リンク: トヨタ問題、報道での扱いは.

元記事も酷いがコメントも酷いね。
ちゃんとトヨタのリリースクルマ専門媒体の検証記事を読めば、トヨタの対応が間違ってないことは明らかなのに、全く理解していない。

>確かに、企業としての対応がお粗末だったと言われても仕方がない面はある。なかなかメディアに姿を見せなかった豊田章男社長や、ブレーキ問題での横山裕行常務の「運転者の感覚の問題」発言など、危機管理の甘さが目に付くのも確かだ。

お粗末なのはあなたの読解力。
ま、「報道や読み手がここまで愚かだ」と認識してなかったという点で危機管理が甘かったとは言えるかも知れんが。

>それにしても、「感覚の問題…」発言はよろしくない。
叩かれても、仕方がないな。

事実に基づかないただの揚げ足取りですな。
「とにかく謝れ」てのは日本の悪い習慣だ。

>低賃金で、根性論だけで、スタッフに製品向上を目指してもらいたくないな。

賃金はどうか知らんが「根性論で製品向上」なんて有り得ない。
そんな発想で厳しい国際競争を乗り切れるわけがないじゃん。
「トヨタ方式」とか「カイゼン」て理詰めで作業の一つ一つを検証して行くやり方であって、「気合入れて頑張る」ことからは一番遠いと思うが、きっとそういうことも知らずについ言っちゃったんだよね、わかるわかる。

>これからは ホンダの時代だ!

あの~、ホンダもエアバッグの問題でリコール届け出てるんですが?
しかもこっちは明らかに部品の不具合で、アメリカじゃ死亡事故も起きてるんですけど?

Car.Watchの記事の通りなら、これはやはり「感覚の問題」と言わざるを得ない。
「空走感」はあっても制動力が失われてるわけではないのだから。

これは軽くブレーキを踏んだ状態でABSが作動するという、凍結路面や水溜りに乗った時しか起きないシチュエーションでの話。
時速20kmとかその程度の速度域で起こることで、通常ブレーキと比較しても制動距離にして10cmの話だ。こんなの個人の運転技能の差に比べれば全く無視していい差だよ。

最初からがっつりブレーキ踏み込んでりゃ、その時点で油圧ブレーキ主体になる制御だから、違和感感じたらそこからペダル踏み込めばいいんだ、トヨタの役員が言ってるように。

欠陥でもなんでもなく、本来ならリコールする必要のない話ではあるのだが、騒ぎがこれだけ大きくなり、鳩山総理や前原国交大臣がことの詳細も理解しないで軽率な発言を繰り返したために、もう頭下げるしかない状態に追い込まれたってだけ。

はっきり言ってトヨタは被害者。
アメリカは半分国策で騒ぎ立てているが、日本は無知と人気取りで騒ぎ立ててるだけ。実に馬鹿馬鹿しい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2009/05/19

間違いだらけの徳大寺有恒

リンク: プリウスと電気自動車、どちらを買うべきか?/徳大寺有恒(プレジデント) - Yahoo!ニュース.

>「実際には車が販売されていない。

昔片山右京のF1を作っていたフランスのヴェンチュリやアメリカのテスラモーターという会社がスポーツカーを売っているし、国内でもオートイーヴィジャパンという会社がイタリア製の電気自動車を輸入販売している。
高岡祥郎さんがどういう人か、徳大寺さんならよくご存知のはず。

>燃料電池車も、まだ公道を走るところまではいっていない。

ホンダが去年からFCXクラリティのリース販売を始めましたね。
アメリカ限定ですが、受付初日にアメリカホンダのサーバがダウンするくらい予約が殺到したそうです。

>鉄道や航空機と違って、自動車のエンジンは道路状況に応じて刻々と出力を変化させなければならない。その点は電気モーターにとって難しい。

モーターは0回転からいきなり最大トルクでトップエンドまで回りきっちゃう特性ですが?
その特性を利用して、エンジントルクの足りない部分をモーターで補うのがホンダのハイブリッドシステム。

>電池性能の限界で、今のところ連続では12時間程度しか走行できないのも弱点だ。日本人の場合、車1台あたりの年間走行距離は平均で7000キロ弱しかないので、普通の使い方であれば問題はないはずだが、「万が一、長い旅に出たときに困るかもしれない」という心配があるうちは、一般ユーザーは買おうとしないのではないか。

ガソリン車やディーゼル車と全く同じ使い方をするならそのとおり。
だけど結局、自分がどういう使い方をするか次第じゃなかろうか。

長旅を頻繁にする人は従来のクルマ。だけど、そんな人が一体どのくらいいるだろう?

必要に応じてレンタカーを借り、普段は電気自動車

というのが今後の主流ではないかと僕は思ってる。
通勤とか、近所の買い物くらいなら電気自動車で充分でしょ?
実際に、郵便局は現在軽トラで行っている集配作業を随時電気自動車に入れ替えていくことにしている。

>もう一つの問題は充電施設などのインフラだ。インフラを整備しようにも、いまだに電池や充電装置などの統一規格が決まっていない。

急速充電器についてはそうだけど、現在売られているものは家庭用のコンセントでも充電できる仕様になってる。

>家庭用の電源も関西と関東で周波数が違うが、関東では充電できても関西ではできないということでは困ってしまうのだ。

まさか直流と交流の違いをご存じないのでしょうか?(笑)
EVやハイブリッドはバッテリーに充電して使うんだから、当然搭載してるのは直流モーター。直流電源に周波数なんか関係ない。
だいいち今時交流モーター使ってる家電製品なんて白物くらいだろうに。

>電気自動車の前にまず「ディーゼルの時代」がやってくる

結局のところ、これが言いたかったわけですが、メーカーがそう考えていたのは一昨年まで。
それも排ガス規制の緩いヨーロッパ限定の話。
ディーゼルは年々強化される排ガス規制に対応するだけで物凄い開発コストがかかるし、部品点数自体も多いので車両価格がどうしても高くなる。
その点でハイブリッドに対して優位性があるとは言いがたい。
そこへ来て去年の原油高。
あれがトドメでしたね。
実際、ホンダはもうディーゼルの開発をやめちゃってるし、海外のメーカーも慌ててハイブリッドのほうに舵を切ってる。
さらに国内ではリチウムイオン電池の製造に設備投資がどんどん行われている。

そういう意味では、現状はディーゼルの時代から電気自動車の時代に急速に移行しつつある過渡期、というべき。
もう、「今からディーゼル」じゃ遅すぎるし、現時点で電気自動車(やハイブリッドカー)の開発に着手してないメーカーは生き残れないんじゃないだろうか。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

| | コメント (12) | トラックバック (0)