« 競争力を求めるなら、チーム選びは慎重に | トップページ | twitterとFacebookを連動させてみた »

2010/03/15

IRL Rd1.サンパウロ:琢磨らしいデビュー、ブリスコーらしい結末

佐藤琢磨のインディカーデビュー戦はスタート直後の1コーナーで終了。
初開催のサンパウロ市街地コースのトンデモ路面に文字通り足元を掬われてしまった。
ま、アグレッシブな琢磨らしいっちゃそれまでだけど。

3シーズン目を迎えて名門ニューマン・ハース・ラニガンに移籍した武藤もまた、一時はこの佐藤のアクシデントに乗じて6位に浮上したものの、低ダウンフォースセッティングが裏目に出て苦戦を強いられた挙句、他車と接触してリタイヤとこれまた残念な結果に。

ここで夜更かししていた日本のレースファンのモチベーションは一気に下がったに違いないのだが、レースはその後も大雨で中断だのガナッシの戦略ミスだのブリスコーの脱落だのと目の離せないハプニングの連続で、終盤のウィル・パワーvsライアン・ハンター・レイのドッグファイトまで実に見所満載な展開となった。

で勝ったのはウィル・パワー。
ペンスキーから念願のフルエントリーを果たした2010シーズンを最高の形で発進することになった。
いや~苦労したドライバーが成果を上げる姿って、美しいよね。

次回はセントピーターズバーグ。
これまたストリートコースだけど、今回みたいなコンクリートだらけのコースじゃないので、また違ったレースが見られそうだ。

リンク: IRL:Rd.1サンパウロ レース結果: FMotorsports Kaigai.

人気ブログランキングへ

|

« 競争力を求めるなら、チーム選びは慎重に | トップページ | twitterとFacebookを連動させてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95773/47822167

この記事へのトラックバック一覧です: IRL Rd1.サンパウロ:琢磨らしいデビュー、ブリスコーらしい結末:

« 競争力を求めるなら、チーム選びは慎重に | トップページ | twitterとFacebookを連動させてみた »