« 新生ロータスF1、T127をシェイクダウン | トップページ | 佐藤琢磨インディカーシリーズ参戦。しかしKVは微妙だなぁ »

2010/02/13

プリウスの件は官製リコール。企業を守るどころか足を引っ張るポピュリズム政権

リンク: トヨタ問題、報道での扱いは.

元記事も酷いがコメントも酷いね。
ちゃんとトヨタのリリースクルマ専門媒体の検証記事を読めば、トヨタの対応が間違ってないことは明らかなのに、全く理解していない。

>確かに、企業としての対応がお粗末だったと言われても仕方がない面はある。なかなかメディアに姿を見せなかった豊田章男社長や、ブレーキ問題での横山裕行常務の「運転者の感覚の問題」発言など、危機管理の甘さが目に付くのも確かだ。

お粗末なのはあなたの読解力。
ま、「報道や読み手がここまで愚かだ」と認識してなかったという点で危機管理が甘かったとは言えるかも知れんが。

>それにしても、「感覚の問題…」発言はよろしくない。
叩かれても、仕方がないな。

事実に基づかないただの揚げ足取りですな。
「とにかく謝れ」てのは日本の悪い習慣だ。

>低賃金で、根性論だけで、スタッフに製品向上を目指してもらいたくないな。

賃金はどうか知らんが「根性論で製品向上」なんて有り得ない。
そんな発想で厳しい国際競争を乗り切れるわけがないじゃん。
「トヨタ方式」とか「カイゼン」て理詰めで作業の一つ一つを検証して行くやり方であって、「気合入れて頑張る」ことからは一番遠いと思うが、きっとそういうことも知らずについ言っちゃったんだよね、わかるわかる。

>これからは ホンダの時代だ!

あの~、ホンダもエアバッグの問題でリコール届け出てるんですが?
しかもこっちは明らかに部品の不具合で、アメリカじゃ死亡事故も起きてるんですけど?

Car.Watchの記事の通りなら、これはやはり「感覚の問題」と言わざるを得ない。
「空走感」はあっても制動力が失われてるわけではないのだから。

これは軽くブレーキを踏んだ状態でABSが作動するという、凍結路面や水溜りに乗った時しか起きないシチュエーションでの話。
時速20kmとかその程度の速度域で起こることで、通常ブレーキと比較しても制動距離にして10cmの話だ。こんなの個人の運転技能の差に比べれば全く無視していい差だよ。

最初からがっつりブレーキ踏み込んでりゃ、その時点で油圧ブレーキ主体になる制御だから、違和感感じたらそこからペダル踏み込めばいいんだ、トヨタの役員が言ってるように。

欠陥でもなんでもなく、本来ならリコールする必要のない話ではあるのだが、騒ぎがこれだけ大きくなり、鳩山総理や前原国交大臣がことの詳細も理解しないで軽率な発言を繰り返したために、もう頭下げるしかない状態に追い込まれたってだけ。

はっきり言ってトヨタは被害者。
アメリカは半分国策で騒ぎ立てているが、日本は無知と人気取りで騒ぎ立ててるだけ。実に馬鹿馬鹿しい。

人気ブログランキングへ

|

« 新生ロータスF1、T127をシェイクダウン | トップページ | 佐藤琢磨インディカーシリーズ参戦。しかしKVは微妙だなぁ »

コメント

トヨタの対応が間違ってないかどうか、というのは、
結果が証明しています。
読み違えたのはトヨタ。
マーケティングの巧みさは光ってた会社だったのに、
ここにきて、その栄光は過去の物になっていた事が人目にさらされた感があります。

ユーザーの使い方に問題がある、クルマには問題が無い、
というスタンスの会見では、事態の収拾にはなんら効力が無いことがわかってなかったのでしょう。

また、感覚の問題、として空走感があっても制動力が出てれば問題ない、と言われておりますが、
計測上は、制動力が発揮、されていても、運転者の感覚に「それが表面化、知覚化できない、或は、しない」ならば、
運転者側の制御能力がパニックになって、判断力がなくなってしまっても、それは本人の問題なのでしょうか。
(ブレーキかけて、「あ、きかない」と思った事がある人はパニックになるコワさがわかると思いますが)

これはクルマの問題はともかく、このブログに書かれてる事で、疑問に思った事ですけれど。

それと、トヨタ方式、改善、に関しては、
「なんか、製品向上ってなに?」
「え、それって、品質改善の運動だったっけ?」
と、なんか混乱してしまいました。

品質の改善は生産側の改善活動の一環としてありますが、それはあくまで、設計上の品質を超える事はあり得ません。
つまり、生産した製品が限りなく100%の割合で品質基準適合品となる事を目指してる訳です。
ひとつひとつの生産行程について、作業を見直し、理詰めで改善していくのは同意なのですが、
その改善は、製品ソノモノのコストに影響していく事はあっても、製品の向上(と言うのが何をさしてるのか意味不明ですけど)に役立つのかは疑問です。


あと、ABSは、極低速域で滑りを感知すると、ABSはキャンセルされる設定が通常です。
(そうでないと、最終的には停まらないですから)
極低速域で路面が滑り易い場合は、タイアをロックさせて、
タイアの摩擦力で制動した方が効率がいいので。

それから、油圧ブレーキで制御できるはず、といわれてますが、
最近のクルマは、油圧がブレーキペダルの所まできていないクルマが増えてきていて、
プリウスなどをはじめ、電子ワイアになってるクルマも多いです。
電子回路を介してるので、CPUが不良だと、どうなの?と言う疑問もあります。

投稿: 通りすがり | 2010/04/11 14:38

訴訟だ何だに発展しかねないケースにおいて簡単に頭を下げちゃうのは間違いです。
肝心なのは「事態の収拾」ではなくて「事実の確認と立証」です。
その点でトヨタに瑕疵はなかったと考えます。

>運転者側の制御能力がパニックになって、判断力がなくなってしまっても、それは本人の問題なのでしょうか。

本人の問題以外の何物でもありません。
低速走行時に凍結路面で滑ったくらいでパニクる人に運転免許を与えてはいけません。周りが迷惑です(笑)

>ABSは、極低速域で滑りを感知すると、ABSはキャンセルされる設定が通常です。

プリウスの設定でも、一定以上の踏力を検知するとキャンセルするようです。
軽く足を載せた状態だとABSが作動してますが、それは曲がるための減速に対しては正解でしょう、ロックしてしまってはハンドル効かなくなりますから。止まりたければ更に踏む。頭で考えなくても自然にそうすると思いますがねぇ。

投稿: すえひろ | 2010/04/20 06:38

お返事ありがとうございます、、
通りすがりにコメントした物の、コメントした物は、確認しております。

さて、瑕疵が無かったはずだ。
とおっしゃられておりますが、法的にこの問題をとらえれば、
「仕様です」ですむのかもしれませんが、
この場合、トヨタはユーザー(と、その他大勢の野次馬)に向かって発言してる訳ですから、
確認と立証、すれば販売責任は取れる、という物でもないと思いますが。
(これは、ユーザーに対しての処理、という事で、その他大勢はとりあえず置いておきます)
買ったユーザーが、聞いてない、知らない、というならば、ともかく、販売時の注意点として理解を求めておく、
と言うのは普通の事ですし、
また、売っちゃった後に、こういうことが起きました、あるいは、そういう事実があった事がわかりました、
で、あるならば、
「そういうものです」的な説明はどうも好意的には見れないですね。
また、順次改良、という行為ソノモノが行われていました、であればなおさら、
と、言いかけて、ヤメときます。
ようするに、商売をやってる以上は、事態のうまい収拾が行えると、それが一番ダーメジが少なかったのでは、
「結局トヨタはしくじったな」と思って自分とは、ここは意見が合わないのだろうと思います。


さて、ブレーキソノモノですが、
プリウスシステムのブレーキは、まず回生ブレーキ、のみで制動する、
さらに踏み込まれれば、油圧制御が開始され制動する、でよろしいでしょうか。
つまり、回生ブレーキのみで制動中(回生ブレーキしか作動しない領域)であれば、
油圧系統が切り離されてるために、空走感ではなく、
求めてる減速力が発生されないまま、と言う事態になるようですね。
(H車の回生ブレーキ制御は、同時に油圧ブレーキもかけている中での事)
もっとも、さらに踏めば油圧制御できるのですが、
前も言った通り「あっ」と思ったときには、遅い、という事もあり得ると思います。
これは、機構的な問題でもあるのですが、
自分はそういう設計のクルマにはあまり信用が置けないのですけど、
その程度の説明位は、うるときにしててもいいのでは、と思うのです。
(さらにトヨタのクルマは、ブレーキの初期制動を意識的に強くしたセッティングのクルマが多い、というのが印象ですし)
「他のクルマとは、ちがって、最初は回生ブレーキで減速しますが、さらに踏めば普通にブレーキが作動します」
そのくらいの説明は、、普通のクルマとは違う部分が多いのだから、と。

うればいい、というのが営業の姿勢でしょうけれど、
プリウスはトヨタの新しい看板モデルでもあるのですから、、
ここでも、しくじったね、とは思っています。

まぁ、油圧ブレーキを受け付けていない時間帯がある事(その付近で多少踏み足しても意味が無い)は
自分的には、ブレーキであるだけに、設計上の(設定上、というのか判断できませんが)甘さがあったんではないかな、と思えますけど。

投稿: 通りすがり | 2010/04/21 18:26

誤字脱字、日本語が変になってしまっていて、すいません、です。

投稿: 通りすがり | 2010/04/21 18:27

>その程度の説明位は、うるときにしててもいいのでは、と思うのです。

多分このくらいで騒ぐ人には説明しても理解できないでしょうね。ていうか理解する気もないでしょうきっと(笑)

>さらにトヨタのクルマは、ブレーキの初期制動を意識的に強くしたセッティングのクルマが多い、というのが印象ですし

僕はホンダのステアリングの切り始めの感触に違和感を感じますけど、こんなのは暫く走ってれば慣れます。
メーカーや車種によって多少なりとも癖はあるし、運転する側の好みも違うので、一概には言えませんね

投稿: すえひろ | 2010/07/21 05:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95773/47557571

この記事へのトラックバック一覧です: プリウスの件は官製リコール。企業を守るどころか足を引っ張るポピュリズム政権:

» なんだかかわいそう [mingoh's観戦レポート]
「12ヶ月点検」の為今日は「TOYOTA」の販売店へ行って来ました。「TOYOTA」と言えば例の「プリウス」等「リコール」の渦中。〈ちなみに我が車は「プリウス」ではありません。〉こんな時期に「点検」なんて申し訳ない〈法定点検なので、必ずしなければならないのですが〉と...... [続きを読む]

受信: 2010/02/18 08:33

« 新生ロータスF1、T127をシェイクダウン | トップページ | 佐藤琢磨インディカーシリーズ参戦。しかしKVは微妙だなぁ »