« 09全日本F3開幕戦はハナ差と全部抜きの大どんでん返しっ!! | トップページ | モリゾウ、今年もニュルに挑む »

2009/05/19

間違いだらけの徳大寺有恒

リンク: プリウスと電気自動車、どちらを買うべきか?/徳大寺有恒(プレジデント) - Yahoo!ニュース.

>「実際には車が販売されていない。

昔片山右京のF1を作っていたフランスのヴェンチュリやアメリカのテスラモーターという会社がスポーツカーを売っているし、国内でもオートイーヴィジャパンという会社がイタリア製の電気自動車を輸入販売している。
高岡祥郎さんがどういう人か、徳大寺さんならよくご存知のはず。

>燃料電池車も、まだ公道を走るところまではいっていない。

ホンダが去年からFCXクラリティのリース販売を始めましたね。
アメリカ限定ですが、受付初日にアメリカホンダのサーバがダウンするくらい予約が殺到したそうです。

>鉄道や航空機と違って、自動車のエンジンは道路状況に応じて刻々と出力を変化させなければならない。その点は電気モーターにとって難しい。

モーターは0回転からいきなり最大トルクでトップエンドまで回りきっちゃう特性ですが?
その特性を利用して、エンジントルクの足りない部分をモーターで補うのがホンダのハイブリッドシステム。

>電池性能の限界で、今のところ連続では12時間程度しか走行できないのも弱点だ。日本人の場合、車1台あたりの年間走行距離は平均で7000キロ弱しかないので、普通の使い方であれば問題はないはずだが、「万が一、長い旅に出たときに困るかもしれない」という心配があるうちは、一般ユーザーは買おうとしないのではないか。

ガソリン車やディーゼル車と全く同じ使い方をするならそのとおり。
だけど結局、自分がどういう使い方をするか次第じゃなかろうか。

長旅を頻繁にする人は従来のクルマ。だけど、そんな人が一体どのくらいいるだろう?

必要に応じてレンタカーを借り、普段は電気自動車

というのが今後の主流ではないかと僕は思ってる。
通勤とか、近所の買い物くらいなら電気自動車で充分でしょ?
実際に、郵便局は現在軽トラで行っている集配作業を随時電気自動車に入れ替えていくことにしている。

>もう一つの問題は充電施設などのインフラだ。インフラを整備しようにも、いまだに電池や充電装置などの統一規格が決まっていない。

急速充電器についてはそうだけど、現在売られているものは家庭用のコンセントでも充電できる仕様になってる。

>家庭用の電源も関西と関東で周波数が違うが、関東では充電できても関西ではできないということでは困ってしまうのだ。

まさか直流と交流の違いをご存じないのでしょうか?(笑)
EVやハイブリッドはバッテリーに充電して使うんだから、当然搭載してるのは直流モーター。直流電源に周波数なんか関係ない。
だいいち今時交流モーター使ってる家電製品なんて白物くらいだろうに。

>電気自動車の前にまず「ディーゼルの時代」がやってくる

結局のところ、これが言いたかったわけですが、メーカーがそう考えていたのは一昨年まで。
それも排ガス規制の緩いヨーロッパ限定の話。
ディーゼルは年々強化される排ガス規制に対応するだけで物凄い開発コストがかかるし、部品点数自体も多いので車両価格がどうしても高くなる。
その点でハイブリッドに対して優位性があるとは言いがたい。
そこへ来て去年の原油高。
あれがトドメでしたね。
実際、ホンダはもうディーゼルの開発をやめちゃってるし、海外のメーカーも慌ててハイブリッドのほうに舵を切ってる。
さらに国内ではリチウムイオン電池の製造に設備投資がどんどん行われている。

そういう意味では、現状はディーゼルの時代から電気自動車の時代に急速に移行しつつある過渡期、というべき。
もう、「今からディーゼル」じゃ遅すぎるし、現時点で電気自動車(やハイブリッドカー)の開発に着手してないメーカーは生き残れないんじゃないだろうか。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

|

« 09全日本F3開幕戦はハナ差と全部抜きの大どんでん返しっ!! | トップページ | モリゾウ、今年もニュルに挑む »

コメント

モーターは交流だよー。同期電動機ってやつね。

投稿: もりずみ | 2009/05/19 20:32

今どき、東日本と西日本の電源周波数の違いが問題になるなんて、よく恥ずかしくもなく書けるものだと思います。

ディーゼルエンジンは原油高の前に、触媒に使っているパラジウムや白金等のレアメタルの価格高騰もあったりしますし。バッテリーも似たようなものですが、原油以外の資源にも目を向けると、エコカーとやらを一種類に絞る事のリスクの方が問題です。

参考URL
http://www.meti.go.jp/discussion/topic_2007_11/main_01.htm

投稿: パラス | 2009/05/19 21:29

>もりずみさん、おひさしぶり
え~
交流だったの?!
知らずにえらそうなことを書いちゃったな~
はずかしいっす。

でも一旦バッテリーにためたものを交流に変換するんだから、やっぱり周波数の問題は出ないよね

>パラスさん
今はいろんなものを「エコカー」にしちゃってますが、将来的には電気自動車に集約される、と僕は見ています。

レアメタルの調達などで問題があるのは承知していますが、化石燃料であれ自然エネルギーであれ、貯蔵や伝達の方法として一旦電気にしておくのが合理的じゃないかと思うからです。

航続距離の問題はよく指摘されることですが、これはガソリン車と全く同じ使い方をするという前提がそもそもおかしいと思っています。
長距離輸送と短距離輸送で異なる交通手段を使うことができれば、電気自動車は充分有効な手段足りうるでしょう。

投稿: すえひろ | 2009/05/20 10:29

電気自動車は特に都市部の使用では効果的だと思います。
ひとつ気になるのは、エンジン音がしないことで視覚に障害のある人とかとの事故が増えないかとう点です。これは健常者でもそうで、見えないところとか、後ろから来る車を耳で認識できるのが遅れて事故になるケースが増えるでしょう。
インサイトはモーターだけの走行モードはないですが、プリウスはすでにその心配がある上に、販売台数が増えてますからね。
そのうち電気自動車には、走行中に妙な電子音を出すようなことが義務づけられたりして。

投稿: いとう | 2009/05/20 17:50

恐らく日本でのプラグイン式のデファクトスタンダートとなるであろう、iMievとR1eの充電口は交流を突っ込むんですよ(というかすえひろさんご自身が「家庭用のコンセントでも充電できる」とお書きです)。通常充電なら単相100Vか200V、急速充電なら3相200Vです。もちろん自動車メーカーは50/60両対応で作ってきていますが、「貯めるから問題ない」とかそういうことではありません。それ用に設計しているから使える、ということです。

投稿: ぼー松 | 2009/05/20 19:18

失礼、周波数のことだというのが抜けました。「急速充電なら3相200Vで」の後ろに「地域によって周波数は異なります」を脳内保管して下さい(汗)

投稿: ぼー松 | 2009/05/20 19:23

>ぼー松さん

EVやハイブリッドカーは「バッテリーに」充電するんですよね?
外部電源が何であれ、クルマには直流の状態で蓄電されるんですよね?

それから先、車載の交流モーターを駆動するときは、車載のインバーターの仕様に周波数は左右されるんであって、関東とか関西は「関係ない」ですよね?

僕の表記、何か間違ってますか?

投稿: すえひろ | 2009/05/21 05:57

周波数が違うと整流効率の微妙な差は出るかもしれませんが、バッテリーに充電するのになにか問題が起こるようなものではありません。

(AC100V60hzなら整流してDC138V相当になるけど50hzだと137V相当になるぐらいの差です。整流にコンデンサーを使うかどうか、使うならどれぐらいの容量かによっても変わってきますが。)

どんな電源を使おうと、最後は直流にしないとバッテリーに充電できないので、周波数に左右されるようなことは一切ありません。あ、10000hzとかだと部品が耐えられるか?という問題はありますが・・・^^;


モーターが直流か交流かというのは、今回の話の中で問題ではないと思うのですが、コントローラー部分(サーボ制御?インバーターのみ?コストの事を関上げなければ、僕ならサーボにしたいところだが・・・)に入力する電源は間違いなく直流です。

投稿: ロニー | 2009/05/21 09:37

ロニーさん、詳細なコメントありがとうございます。

これで「一旦バッテリーに貯めこんでから使うので問題ない」が間違いでないことがはっきりしました。(^^)

投稿: すえひろ | 2009/05/21 10:22

R1eとかiMievのバッテリーパックは330Vとか、プリウスでも200V以上ですよ。どうやって100Vをブリッジ整流しただけで充電するんですか・・・ 電気は電圧の低いところから高いところに自然には流れません。

プラグイン充電の回路の基本構成を書くと、コンセントから入力された交流はAC/DCコンバータ回路で高めの電圧、おそらく380Vぐらいの直流に変換されます。それをDCDC変換回路で電流制御をしながらバッテリーにエネルギーを流し込みます。入り口のコンバータは系統周波数と同期を取る必要がありますので(でないとAC/DC変換しつつ昇圧、ができない)、系統周波数と位相を読む必要がありますし、周波数が変われば制御周期も変わります。これはいたって一般的な技術ですから、徳大寺氏の言うような50Hz/60Hzどちらかに特化した車が出てきて混乱するという可能性は極めて低いのですが、系統周波数は関係ないというわけではありません。

投稿: ぼー松 | 2009/05/21 18:20

あ、そっか。
充電系統ですでに昇圧するんですね?
放電時にバッテリーを直列にいくつか並べて高い電圧を得ているのかと思っていました。
(↑これだと複雑な制御ができないですもんね)

ま、でも、AC/DCコンバーターでの昇圧でも周波数コントロールはモジュール化されているし、たとえ50Hzだけだったとしてもコントロールは必要なので、そんな問題視するほどの事ではないでしょう。

投稿: ロニー | 2009/05/21 20:20

いろいろ知らないことがわかったのは有難かったんですけど、結局のところ、
「周波数の違いは無視できないが、大した問題でもない」
って理解でいいんでしょうかね?

僕ぁ徳大寺さんが電気自動車の最新事情を知らないで今頃ディーゼルなんか推奨してるのがおかしいと、そこだけ同意してもらえりゃ技術的なことはそれ以上突っ込む気もないんですけど。

投稿: すえひろ | 2009/05/21 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95773/45060327

この記事へのトラックバック一覧です: 間違いだらけの徳大寺有恒:

« 09全日本F3開幕戦はハナ差と全部抜きの大どんでん返しっ!! | トップページ | モリゾウ、今年もニュルに挑む »