« 確かにこれは情けないクラッシュだ | トップページ | やはり本人も黙ってられなかったようだ »

2009/04/01

ベッテルへのペナルティをおかしいと思ったのはシューマッハだけじゃないはず

レース終盤にロバート・クビサと接触してSCの原因を作ったセバスチャン・ベッテルには次戦マレーシアでの10グリッド降格と、チームに対して5万ドルの罰金という実に厳しいペナルティが下ったわけだが
(リンク: FMotorsports F1: レース終盤のアクシデントでベッテルに厳罰)、
これに対してベッテルの同郷の先輩、ミハエル・シューマッハが疑問を呈しているらしい。
リンク: ミハエル・シューマッハ、ヴェッテルのペナルティを疑問視 : F1通信

実は僕も「あのシチュエーションでベッテルにペナルティはないんじゃないの?」と思ってる。

あの場面、ベッテルがイン側、クビサがアウト側でコーナーに入っていってる。
確かにクルマ半分クビサが前に出ていた格好だが、だからってイン側にスペースを残さないで回っていったクビサに対して、ベッテルに一体何が出来ただろうか。

あれ以上イン側に切りこむことはできない。
目一杯ブレーキ踏んだって、もう間に合わなかっただろう。
じゃぁ、並んでコーナーに入ったのが悪いのか?
同一周回で2位を争ってる二人にそれを言ったらもうバトルなんて出来ないんじゃないだろうか?

確かにベッテルは意地を張ったんだろう。
でも、イン側のラインを残さないでコーナリングしたクビサだって迂闊だったんじゃないの?
やっぱあれはレースアクシデント、喧嘩両成敗ってことで収めるべきだったんじゃないだろうか。

ただまぁ、異議を唱えてるのがシューマッハとケケ・ロズベルグってのが、ねぇ
彼らの現役時代がどうだったかを考えると、イマイチ説得力がないような(^^;
「そりゃ、あなたたちならそう考えてもおかしくないでしょうけど」て済まされちゃいそう

|

« 確かにこれは情けないクラッシュだ | トップページ | やはり本人も黙ってられなかったようだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95773/44536709

この記事へのトラックバック一覧です: ベッテルへのペナルティをおかしいと思ったのはシューマッハだけじゃないはず:

« 確かにこれは情けないクラッシュだ | トップページ | やはり本人も黙ってられなかったようだ »