« SGT:第3戦富士決勝 | トップページ | ホンダはまだ琢磨を見捨ててない!.........と信じていいの? »

2008/05/07

結局「夢」なんてカンケーないんすねF1ってところは?!

リンク: FMotorsports F1: スーパーアグリF1チーム 撤退声明.

07FujiSAF1 とうとうこういう結論が出てしまった。
参戦当初からいろんな無理や困難を乗り越えて戦ってきたSAF1だったけど、だからこそ共感し、 エールを送るファンや関係者も少なくなかっただけに残念でならない。

SSユナイテッドの契約不履行とか、マグマグループのドタキャンなど、チームを苦境に陥れた要因はいくつかあるのだけど、 僕はカスタマーシャシーの使用が今頃になって駄目になったのが一番の痛手だったんだと思う。

モノコックがカーボンコンポジットで作られるようになって以来、レーシングカーの製造コストは桁違いに跳ね上がってしまった。
こうなると結局、F1のようにブランド力を頼りに巨額の資金をかき集めるか、 他のカテゴリーみたいに1台でも多く売りさばいて元を取るために、ライバルを駆逐してワンメイク状態に持ち込むしかないわけで。
いずれにケースもまぁ、夢も希望もない話だな。

それだけに、モズレーがカスタマーシャシーにGOサインをだしたときは「これでちょっとはF1も面白くなるかな」と思ったんだけど、 今参戦してる古株のおっさんたちは、自分たちがどうやってF1の世界に入ってこれたのかをすっかり忘れて、あるいは見てみぬふりをして、 反対とかしちゃってるわけだ。
ウィリアムズなんて、マーチの市販シャシーやヘスケスのお下がりがなかったら今頃影も形もないチームじゃんかよ全くもう。

そんなことより、参戦台数がこのまま減り続けたらどうすんのかを心配したほうがいいんじゃないの?
このままいけば次はトロロッソあたりがヤバいと思うんだが。
フォースインディアだって、インドのお金持ちがいつまで道楽続けられるんだかわかったもんじゃない。
そんなことになって、F1が16台で行われるようになったら、なんとも見栄えのしない話だよね。

そうなる前にスーパーアグリやプロドライブを受け入れることは、そんなに悪い話じゃなかったと思うんだがなぁ。

|

« SGT:第3戦富士決勝 | トップページ | ホンダはまだ琢磨を見捨ててない!.........と信じていいの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95773/41119012

この記事へのトラックバック一覧です: 結局「夢」なんてカンケーないんすねF1ってところは?!:

« SGT:第3戦富士決勝 | トップページ | ホンダはまだ琢磨を見捨ててない!.........と信じていいの? »