« 熊倉監督解任!! | トップページ | 鈴鹿ワールドカップが復活! »

2005/07/27

続・熊倉監督解任

 0号車のトラブルに関して、AUTOSPORT WEBに詳報が出ていた。
会員登録が必要なHPなので、直リンクはしませんのでご了承いただきたい。

 で、殴った相手は脱落したウィングを届けてくれたオフィシャルで、それを熊倉さんがぶつかった本人と勘違いしてポカリとやっちゃったようだ。この件に関しては双方話し合いをして熊倉さんから謝罪もあり、当人同士では決着しているようだが、今後GTAやJAFでこの件に関して検討される可能性があるとのこと。
 如何なる理由があるにせよ、相手を殴ってしまったこと自体は処罰されて仕方ないと思うし、その行為自体を弁護するつもりは僕にもない。

 だけど。
 あの時(ムルシエラゴが炎上した直後)複数のオフィシャルが持ち場を離れてサインガードへ向かった、との証言が複数のチームから得られたようで、コレに関しては解任された熊倉さん以上に批判されるべきじゃないだろうか。
 殴った熊倉さんは勿論悪いけど、その場にいたオフィシャルも、僕は殴られて当然だったと思う。

 ろくに安全確認もしないままピットレーンに飛び出してNSXにぶつかったオフィシャルがトンデモナイやつなのは言うまでもないが、それ以前の話として、ピットレーンの安全確保や、各チームのピット作業に違反が無いかをチェックするべき立場にいる人間が、コース上で何が起きたにせよ、自分の持ち場を離れて野次馬まがいの(いや、消火活動に向かうつもりだったのかもしれないが)行為に及ぶこと自体が言語道断だ。
 今回は即座に赤旗が提示されたけど、あの状況ではSCが入る事だってあり得る。
 そうすればあの場でピットインして給油なり修理なりをやっておこう、というチームは当然出ただろう。そうなったとき、ピットにオフィシャルがいなくてどうすんだ?そこでアクシデントや違反が生じたとき、誰が責任を取るわけ?

 そもそもレース中に給油が行われることが前提にあるGTやFポンでは、ピットレーンへの立ち入りに関して厳しく制限されている。あそこはドライバーやメカニックは勿論、プレスのカメラマンにだって耐火服の着用が義務付けられているのだ。
 そういう緊張感の中で行われているはずのレースで、それを管理する立場にあるはずの人間が、簡単に持ち場を離れたり、安全確認もせずにピットレーンに飛び出すなんて到底許されることではないはずだ。本人に危険が及ぶだけでなく、何の落ち度もないはずの競技者に危害が及ぶ事だってあるのだから。
 今回はウィングの脱落だけで済んだが、12年前の二輪GPではピットレーンに飛び出してきた間抜けを避けようとして前途有望なライダーが命を落とした。彼、若井伸之はプライベーターとして世界に挑み、苦労してワークスのシートを得て、さぁこれからというときに、そんなクダラナイ理由で夢を叶えられなかったのだ。あの事件が同僚のライダーや僕らファンの心にどれだけ深い傷を残したことか。

 この件に関して、M-TECは熊倉さんを解任してキッチリけじめをつけた。
 JAFなり奥州VICICもこの件を真剣に受け止めるべきだ。この際、該当するオフィシャルについては公認審判員の資格を一定期間停止するなどの何らかのペナルティを課すべきだと僕は思う。
 じゃないとスジが通らないってもんだ。

↓この件に関して一言言いたい!という方はこちらへ
msforum_logo

|

« 熊倉監督解任!! | トップページ | 鈴鹿ワールドカップが復活! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・熊倉監督解任:

» M-TEC 熊倉監督解任について [日常シンクロ blog]
先日のSuperGT菅生をスカパーで観ていたところ、こんなシーンがありました。 メインストレートで炎上するクルマ。 GT300 #87ムルシエラゴがガードレールに激突、ガソリンに引火し炎上するという大事故。 ドライバーは脱出しており、惨事にはならずに済みました。 放送中、解説の鈴木恵一さんが「どうなって事故になったのか予想つかない」というほど、クルマが吹っ飛んで激突している状態でした。 この大騒動の中、もうひとつあ�... [続きを読む]

受信: 2005/07/29 07:39

» SUPER GTを考える その2 [Youichanの「Yちゃん」で「ヨイchan」な日記]
今回は、SUPER GT第4戦での2件のトラブルについて書きます。 今回のレース内容のあまりのひどさに呆れていました。 かなり厳しい口調で書きますので、 それを理解した方のみ、続きを読んでみて下さい。... [続きを読む]

受信: 2005/08/05 04:31

« 熊倉監督解任!! | トップページ | 鈴鹿ワールドカップが復活! »