« GP2もA1もFSFもみんな纏めてかかってこい! | トップページ | あ゛ーーーーっ!、孝亮ぇーーーーっ!! »

2005/05/29

サスペンションがイっちゃうかぁ...

 BARの出場停止明け、ハイドフェルドの初ポールと、スタート前から期待するポイントの多かったF1ヨーロッパGP
 優勝したのはフェルナンド・アロンソ。
 レースの大半をリードしたキミ・ライコネンは、右フロントタイヤにできたフラットスポットのために終盤失速、それでも追い上げてくるアロンソに必死で抵抗していたが、ファイナルラップで右フロントサスペンションが粉々になってストップという壮絶なレースとなった。
 あのラスト5周は本当に面白かったなぁ。

 それにしても、タイヤがいつまで持ちこたえるかとハラハラしながら見ていたが、まさかサスペンションが先に音を上げるとはなぁ。バイブレーションの影響ってそんなに大きいのね。きっと取り付け強度なんかもギリギリで設計されてるんだろうね。

 今回のことで、「タイヤ交換禁止ってどうよ」って話が出てくるかもしれない。
 確かに、ピットストップの時にタイヤ交換が出来ていれば、今回のようなアクシデントは防げただろうことは想像に難くない。
 しかし、一応現在でも、タイヤがトラブった場合は同時に給油しないことを条件に交換は許されているのだ。今回だって、異常を検知した時点でライコネンをピットに呼び戻していれば、優勝はできなくてもポイント圏内でレースを終えられたに違いない。それをしなかったのはチームの判断、ドライバーの判断なわけで、その辺のリスクも本人たちが承知しているべきことなのだ。

 とはいえ、あの状況でレース捨てますか?って言われれば、普通は一か八かでそのまま走らせるよねぇ。

 それにしても
 BARはどうしちゃったんだろう?
 今回は予選出走順が不利に働いた、とは思うが、序盤でフロントウィングを破損した琢磨はともかく、バトンに関しては作戦ミスもあったんじゃないかなぁ?
 なにより、レース中のラップタイムがアレじゃ、表彰台は遠いよねぇ。

|

« GP2もA1もFSFもみんな纏めてかかってこい! | トップページ | あ゛ーーーーっ!、孝亮ぇーーーーっ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95773/4332738

この記事へのトラックバック一覧です: サスペンションがイっちゃうかぁ...:

» ライッコネン(バトン)危機一髪 [c572 blog ]
F1第7戦ヨーロッパGP、トップを走っていたライッコネンがファイナルラップでリタ [続きを読む]

受信: 2005/05/30 01:22

» F1 #7 欧州GP(決勝結果) [ざわろぐ]
スタート早々1コーナーで多重クラッシュ。 琢磨も巻き込まれてピットストップを余儀なくされてしまいました・・・ なんとかリタイアにはならず完走できたのは何よりっす。。 今回ニュルブルクリンクは高速サーキットなこともあり、 タイヤ交換のできない今年のレースの... [続きを読む]

受信: 2005/05/30 02:10

» ヨーロッパGP [ちび畑。]
ライコネン惜敗!マジ、ビビった。タイヤがもつのかハラハラしてみてたけど、まさかラスト1周でリタイアとは…!レース後のコメントもせつなかったなぁ。3連勝目前だったし、自分に10P入るのと、ライバルに10P入って自分が0ってのじゃ全然違うもんね…。これでアロンソが... [続きを読む]

受信: 2005/05/30 19:15

« GP2もA1もFSFもみんな纏めてかかってこい! | トップページ | あ゛ーーーーっ!、孝亮ぇーーーーっ!! »