2011/05/30

事実は○○より奇なり-2011INDY500- #fb

まずはこれを最後まで見て欲しい。

ね?びっくりしたでしょ?こんなのありかよ~って感じ。
今までにも色んな接戦を見てきた。
1989年のエマーソン・フィッティパルディvsアル・アンサーJrとか、

1992年のアル・アンサーJrvsスコット・グッドイヤー(今ESPNの解説やってるおじさん)とか、

2002年のポール・トレーシーvsエリオ・カストロネベス疑惑の裁定とか、

2006年のマルコ・アンドレッティvsサム・ホーニッシュJr(空気読め)とか、

でも、このパターンはなかったわ。
「ドリヴン」のスタローンかよって(あれは3位だったけど)
今シーズン最大のハイライトになるだろうねこれ。
でインディの歴史を振り返るときに必ず引き合いに出されるシーンになるだろう。

勝ったダン・ウェルドンは今季レギュラーシートを失ってのスポット参戦でいきなり結果を出したわけだけど、競ってた相手のヒルデルプラートはパンサーの4号車、つまり去年までダンが乗ってたクルマなんだよね。
で、その前はチップガナッシの10号車、つまり今回最後の最後に燃料が足りなくて失速したダリオのクルマに乗ってたという............まダンにとっては二重の意味で「ザマミロ」な結果だったわけ。

これでどっかのレギュラーシートが確保できるといいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/18

で、facebookへはどうやっても連携できないので #fb を使うことにしたよ(笑)

インポートできない障害、どうにかならんもんかねぇ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

twitterとFacebookを連動させてみた

Facebookのノートへのインポートが何度やっても上手くいかないので、いろいろ調べてみたら、ココログの管理画面に連携させる方法ができてるじゃないか!

なんだよ~
いつできたんだよこんなの~?

というわけでテストを兼ねて投稿してみた。
一年以上も放置しておいて今更なんだという気もしないではないが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/15

IRL Rd1.サンパウロ:琢磨らしいデビュー、ブリスコーらしい結末

佐藤琢磨のインディカーデビュー戦はスタート直後の1コーナーで終了。
初開催のサンパウロ市街地コースのトンデモ路面に文字通り足元を掬われてしまった。
ま、アグレッシブな琢磨らしいっちゃそれまでだけど。

3シーズン目を迎えて名門ニューマン・ハース・ラニガンに移籍した武藤もまた、一時はこの佐藤のアクシデントに乗じて6位に浮上したものの、低ダウンフォースセッティングが裏目に出て苦戦を強いられた挙句、他車と接触してリタイヤとこれまた残念な結果に。

ここで夜更かししていた日本のレースファンのモチベーションは一気に下がったに違いないのだが、レースはその後も大雨で中断だのガナッシの戦略ミスだのブリスコーの脱落だのと目の離せないハプニングの連続で、終盤のウィル・パワーvsライアン・ハンター・レイのドッグファイトまで実に見所満載な展開となった。

で勝ったのはウィル・パワー。
ペンスキーから念願のフルエントリーを果たした2010シーズンを最高の形で発進することになった。
いや~苦労したドライバーが成果を上げる姿って、美しいよね。

次回はセントピーターズバーグ。
これまたストリートコースだけど、今回みたいなコンクリートだらけのコースじゃないので、また違ったレースが見られそうだ。

リンク: IRL:Rd.1サンパウロ レース結果: FMotorsports Kaigai.

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/20

競争力を求めるなら、チーム選びは慎重に

リンク: 佐藤琢磨 「カンポスとUSF1には魅力を感じなかった」 【 F1-Gate.com 】.

>「ずっとF1を続けることを夢見てきたけど、競争力のあるマシンが欲しかった」と琢磨はロイターにコメント。

って.............
だったらKVはないんじゃないの?
もうちょっと慎重にチーム選びをすべきだったのでは?
「ワンメイクだからどこも一緒」と言うわけでないことは、前記事で書いたとおり。

「多少のハンデは覚悟の上で、それでも挑戦する」
というスタンスでないと、本人もチームにとっても不幸なことになると思うんだがなぁ。

ま、USF1やカンポスで苦労するより遥かにマシであることは間違いないけどね。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐藤琢磨インディカーシリーズ参戦。しかしKVは微妙だなぁ

リンク: IRL:佐藤琢磨 インディカーシリーズ参戦を発表: FMotorsports Kaigai.

噂されていた佐藤琢磨のインディカー挑戦が18日に正式発表となった。
一昨年SAF1が撤退を決めてから2年近く実戦から遠ざかっていたことを思えば、これ以上F1にこだわるのも得策ではないと思う(勿論オファーがあるなら受けるべきだが)ので、ここは素直に喜びたい。

ただ
KVレーシングってチョイスは正直どうなの?と思わなくもない。
トヨタ、シボレーの撤退、パノスシャシーの淘汰によって現在はダラーラ・ホンダのワンメイクとなっているインディカーシリーズだが、それでもチーム間の格差というものは厳然として存在する。
特にオーバルにおいてセッティングデータの多寡、エンジニアやメカニックの経験やノウハウというのはかなりのウェイトを占めてくるのだ。

そうした中、これはあくまで僕の視点だけども、現時点でのトップチームはペンスキーとチップガナッシの二つだけとみていいと思う。
そのすぐ下に、昨年武藤が所属していたアンドレッティ・グリーン(キム・グリーンの離脱により今年からアンドレッティ・オートスポーツに改称)と今年所属するニューマン・ハース・ラニガンが来て、少し下にパンサー、
その下に、ビジョン、KV、HVM、コンクエストのグループ
その更に下に、ドレイヤー・レインボールド、AJフォイトエンタープライゼス
と続く感じ。

このうちで優勝が狙えるのはせいぜいパンサーまでじゃなかろうか。
実際KVが挙げている勝利はCCWS時代のもので、IRLに合流してからは08年のロングビーチでしか勝っていない。
しかもこのレース、IRLのポイント対象にはなっているものの、もてぎと同日程で行われており、実質的には最後のチャンプカーレースと位置づけられるものだ。

特にCCWS系のチームということで、オーバルでの劣勢は覚悟しないといけないだろう。
CCWS系といえば武藤のいくニューマン・ハース・ラニガンもそうだが、ここはCARTとIRLの分裂以前から活動しており、アンドレッティ親子やナイジェル・マンセルを擁して幾多の勝利とシリーズタイトルを獲得している名門。
本来ならペンスキーやガナッシと同等の実力を有していると見ていい。

なので武藤に関しては全然心配してないけど、琢磨は当分苦労するだろうなと思うので、最初から過大な期待はしないほうがいい。ファンも本人もね。
まぁ9月のもてぎまでにトップグループに加わってくるようなことがあれば、インディカー一年生としては合格点かなと思うが、その為にはチームの側も相当な努力が必要だろうなぁ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/13

プリウスの件は官製リコール。企業を守るどころか足を引っ張るポピュリズム政権

リンク: トヨタ問題、報道での扱いは.

元記事も酷いがコメントも酷いね。
ちゃんとトヨタのリリースクルマ専門媒体の検証記事を読めば、トヨタの対応が間違ってないことは明らかなのに、全く理解していない。

>確かに、企業としての対応がお粗末だったと言われても仕方がない面はある。なかなかメディアに姿を見せなかった豊田章男社長や、ブレーキ問題での横山裕行常務の「運転者の感覚の問題」発言など、危機管理の甘さが目に付くのも確かだ。

お粗末なのはあなたの読解力。
ま、「報道や読み手がここまで愚かだ」と認識してなかったという点で危機管理が甘かったとは言えるかも知れんが。

>それにしても、「感覚の問題…」発言はよろしくない。
叩かれても、仕方がないな。

事実に基づかないただの揚げ足取りですな。
「とにかく謝れ」てのは日本の悪い習慣だ。

>低賃金で、根性論だけで、スタッフに製品向上を目指してもらいたくないな。

賃金はどうか知らんが「根性論で製品向上」なんて有り得ない。
そんな発想で厳しい国際競争を乗り切れるわけがないじゃん。
「トヨタ方式」とか「カイゼン」て理詰めで作業の一つ一つを検証して行くやり方であって、「気合入れて頑張る」ことからは一番遠いと思うが、きっとそういうことも知らずについ言っちゃったんだよね、わかるわかる。

>これからは ホンダの時代だ!

あの~、ホンダもエアバッグの問題でリコール届け出てるんですが?
しかもこっちは明らかに部品の不具合で、アメリカじゃ死亡事故も起きてるんですけど?

Car.Watchの記事の通りなら、これはやはり「感覚の問題」と言わざるを得ない。
「空走感」はあっても制動力が失われてるわけではないのだから。

これは軽くブレーキを踏んだ状態でABSが作動するという、凍結路面や水溜りに乗った時しか起きないシチュエーションでの話。
時速20kmとかその程度の速度域で起こることで、通常ブレーキと比較しても制動距離にして10cmの話だ。こんなの個人の運転技能の差に比べれば全く無視していい差だよ。

最初からがっつりブレーキ踏み込んでりゃ、その時点で油圧ブレーキ主体になる制御だから、違和感感じたらそこからペダル踏み込めばいいんだ、トヨタの役員が言ってるように。

欠陥でもなんでもなく、本来ならリコールする必要のない話ではあるのだが、騒ぎがこれだけ大きくなり、鳩山総理や前原国交大臣がことの詳細も理解しないで軽率な発言を繰り返したために、もう頭下げるしかない状態に追い込まれたってだけ。

はっきり言ってトヨタは被害者。
アメリカは半分国策で騒ぎ立てているが、日本は無知と人気取りで騒ぎ立ててるだけ。実に馬鹿馬鹿しい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (5) | トラックバック (1)

新生ロータスF1、T127をシェイクダウン

リンク: ロータスF1、2010年新型車『T127』を発表: FMotorsports F1.

一足先にデビューして、早速ヘレステストでフロントウィング落っことして不慣れな新参チームらしさを露呈してしまったヴァージンに続いて(何て言い草だよ)、名門ロータスも2010年モデル、『T127』をシェイクダウンにこぎつけた。

ま、マレーシア資本てことで「昔のロータスとは違う」と散々言われちゃいるけど、それを言ったらロン・デニスのマクラーレンなんてブルース・マクラーレンとは別物だし、ルノーだってターボ時代のルノー・スポールじゃないでしょ、ブラバムだってバーニーが売り飛ばした後は日本人がオーナーやってたりしたでしょ、と。

だいたいロータスなんてコーリン・チャップマンが亡くなってチーム・ロータスとロータス・カーズに分離した時点で元のロータスじゃなかったと僕は思ってるしね。
だから気にすることなんかないんだよ。
カーズの方はずいぶん前からプロトンの傘下に入ってんだから、マレーシアと縁が無いわけじゃないんでね。

でそのT127、マイク・ガスコインが参加してるということが頭にあるせいか、ボディシェイプがなんとなくトヨタに似てるように感じてしまうのは錯覚だろうか?
特にこれといって特徴のない手堅い作りは、手堅く入賞積み重ねて存在感を主張する予感がしなくも無い(何て言い草だよ)

一番目をひくポイントは、あざとくブリティッシュ・レーシンググリーンを纏って登場したことだろうけど(だから何て言い草だって)、どうせだったら昔のロータスのように明るめの、黄緑というか鶯色のような緑色であって欲しかったなぁと、そこがちょっと残念でした。
あと、エンブレムがACBC(アンソニー・コーリン・ブルース・チャップマン)の四文字を図案化したものでなく、たんなるおむすび型になってるのは文句大ありです。まぁきっと使わせてもらえない事情があるんだろうけど。

早く合同テストに参加して、どのくらいのポテンシャルがあるのかを見せて欲しいものだね。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/02/12

ヘレステスト二日目、トップタイムは小林可夢偉!!

リンク: autosport.com Live: Test day two - F1 Jerez February Test - Week One.

LATEST TIMES

1 Kobayashi Sauber 1m19.950s
2 Buemi Toro Rosso 1m20.026s +0.076
3 Button McLaren 1m20.618s +0.668
4 Hulkenberg Williams 1m20.629s +0.679
5 Liuzzi Force India 1m20.754s +0.804
6 Schumacher Mercedes 1m21.083s +1.133
7 Alonso Ferrari 1m21.424s +1.474
8 Kubica Renault 1m22.003s +2.053
9 Webber Red Bull 1m22.043s +2.093
10 Glock Virgin 1m29.964s +10.014

All timing unofficial. Updated: 16:06 GMT

テストだってことは分かってる。
他のドライバーがどういうメニューだったかもわかんない。それも分かってる。
でも嬉しい!
感無量。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/11

ヘレス合同テスト初日は雨、ロズベルグ最速は過大評価しない方が良さそう

リンク: ヘレス合同テスト初日、ロズベルグ最速!(2/10): FMotorsports F1.

ヘレス合同テストの初日は生憎の雨。現地から海外のジャーナリストが呟いてるのを見る限り、途中かなり酷い時間帯もあったらしい。
というわけで、一応ロズベルグ1位、可夢偉5位ですが、ロズベルグ57周、可夢偉55周と余り走って無い状況でのタイム。

これはコストダウンの目的から年間の走行距離が制限されるという最近のレギュレーションに対応したものと思われる。
要するに「こんなコンディションで走りこんだってしょうがない」と判断したわけ。

確かにウェットコンディションでのデータも重要だけど、クルマおろしたての今の状態でやることではない、ということなんだろうね。

逆にニコ・ヒュルケンバーグは118周を消化。
これはウィリアムズの出来がどうこう、というよりは新人君の練習に充てた、ってことじゃないだろうか。

ヴァージン5周は............どう評価すれば良いのかなぁ??

てなわけで動画見つけたので入れときます。

映像見てるだけで寒そ~

人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

デルタウィングも模型を発表。ローラは早く画でみせろって!

リンク: IRL:ローラの2012年インディカーマシンはデュアルボディ: FMotorsports Kaigai.

リンク: IRL:デルタウイング、革新的な2012年用モデルを発表: FMotorsports Kaigai.

ダラーラ、スウィフトに続いて残りの2社も2012年の構想を明らかにした。
ローラはボディが二つとかエンジンが2種類対応可能とか言ってることがさっぱり分からん。
コースに合わせて別の車体を用意するのは今までと同じじゃん。
良いから早くイラストかスケールモデルを見せてよね!

で、デルタフォースですが..........なんじゃこれ?
こんなにトレッド狭くてちゃんと曲がれるのか?(^-^;
最高速チャレンジかドラッグレースと勘違いしてないか?

と、斬新であることは認めつつ、実現性についてどうしてもポジティブな感想が浮かばないのでした。

こりゃ2社供給だと思ってた方が良いかも。
でやっぱりダラーラが良いね、ってんでシェアが大きくなってって、最後はワンメイク。
この道はいつか来た道~

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/09

スウィフトも2012インディカーのデザイン案を公開...Fポンとの共通点は?

リンク: IndyCar.com | The Silent Pagoda » Blog Archive » Swift Wins. Game Over..

先日3つの案を公開したダラーラに続いて、スウィフトもデザイン画を公開した。
斬新というより.............なんじゃこりゃ?

とにかくタイヤ周りを整流したかったんですね?
その結果こうなっちゃったと。
なんかこう、昔のGCとか、今のRSみたいな、シングルシーターを流用してフルカウルのスポーツプロト作りましたみたいな外観ですな。
ザウルスとかフォーミュラ・エンジョイともいう(笑)

でありながら
フロントウィングの形状とか、サイドポンツーンの後半部分の絞り方などにFN09との共通点が見られるのが、やっぱりスウィフトってことなんでしょう。

さぁあとはローラとデルタウィングだ。
でもデルタウィングってどんな会社?

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/08

ダニカ・パトリックがスーパーボウルのスペシャルCMに登場!

毎年このビッグイベントに合わせてスペシャルバージョンのCMが制作、放送されるらしいのだが、日本で見る機会はまず無いよね、日本は日本のスポンサーがいるわけで。

そういうときはyoutube。
今回はなんと我らがダニカ・パトリックが登場だ!
Godaddy,comって彼女のスポンサーだよね確か。
レーシングドライバーとかアスリートとかの言い訳抜きに美しいです(^-^)
怒ると怖いんですけどね(笑)

このアクシデントの後も絶対ピケJrのピットに乗り込んでってヤキ入れてるに違いない(笑)

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/07

バドワイザー・シュートアウトはハービックの連勝!そして来週はいよいよデイトナ500

リンク: NASCAR:バドワイザーシュートアウト レース結果: FMotorsports Kaigai.
先週の24時間レースに続いて今週はバドワイザー・シュートアウト、そして来週はいよいよNASCARスプリントカップ開幕戦、デイトナ500が行われる。
デイトナビーチの2010シーズンはとっくに開幕しちゃってるのだ。

そのバドワイザー・シュートアウト、決勝は今日(アメリカでは昨夜)行われ、ケビン・ハービックが昨年に続いて連勝を飾った。
レースは終盤コーションが入り、グリーン・ホワイト・チェッカーフラッグとなって2周のドッグファイトが展開されたが、ここで最前列を走っていた#16グレッグ・ビッフルがすぐ後ろを走っていた#24ジェフ・ゴードンに押されてスピン。これが後方を巻き込む大クラッシュに発展、イエローチェッカーとなった。

その模様はここで見れます。
で日本での放送は...........ってあれ?デイトナ500しか予定に入ってないぞ?!
どうなってんのG+?

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/06

ヴァージン・レーシング『VR-01』シェイクダウン(動画)

リンク: ヴァージン・レーシング『VR-01』シェイクダウン敢行: FMotorsports F1.
twitterでそのときの動画があるのを教わったので、ここに貼っておく。
それが、これだ。

...........というのは嘘で、ホントはこっち。(よく見たらこれ富士だな(^^;)


初めて作ったにしてはカッコイイんじゃないでしょうか?
ま、ニック・ワースが関わってるから、変なものは作らないだろうけど。(最初のシムテックのことは忘れてあげようねみんな)

それよりも、後ろで大規模に行われている土木工事のほうにどうしても目がいってしまうが、これはドニントンの倒産を受けてここでMotoGPを開催することになったため、インフィールドセクションを新たに作っているのだという。
ドニントンに関しては、F1開催がコケたこと以上に、MotoGPへの影響が大きかったのではないだろうか?
あそこはシャーウッドの森に近いってことで、ヴァレンチノ・ロッシがウィニングランでロビン・フッドのコスプレをやったこともあったなぁ、関係ないけど。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしたんですか今頃?>ニフティさん


ブログネタ: “twitter” 使ってる?参加数

そりゃもう今や依存症ですよ(笑)
フォローが300超えたらもう世界観変わりました。
「twitter社会論」で津田大介が書いたとおりだよ。

それを今頃聞いてくるってのが信じられないくらいですだよ。
もっと早くに連携機能盛り込んで欲しかったな。
16日まで待てませ~ん!
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダラーラの次期インディカー。本命はどれ?

リンク: IRL:ダララ、2012年ニューマシンの3つのイメージイラストを公開: FMotorsports Kaigai.
4社競合で争われることになった2012年以降のインディカーシリーズ。
そのうちの一つ、ダラーラが3パターンのイメージイラストを公開している。

深紅のイラストは現行シャシーの延長上あるもの。
黄色は同社のF3に近い感じ。
明るい赤はかなり斬新..............だけど日本で走ってるフォーミュラ・エンジョイに似てないかこれ?(^^;

全く違うコンセプトの3案だが、共通しているのはリヤタイヤ前の大きなカバー(ランプって言い方をする場合もあるね)だが、これはホイール同士が絡んで大きなアクシデントになることを防ぐ狙いだろうか。

個人的には黄色の大きなF3案かなぁ?という感じだが、どうなりますやら。
で折角4社が出揃うのだから、Fポンでもこのシャシー流用しませんかねぇ。
いつまでもワンメイクってのもどうかと思いますよ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルマづくりの競争がインディに帰ってくる!!

リンク: IRL:2012年からのニューシャーシの概略を発表、4つのコンストラクターの競作へ: FMotorsports Kaigai.
これは楽しみ!
現在もルールでワンメイクと決めたわけではなかったが、競争の結果パノス(Gフォース)が淘汰されてダラーラのみの供給となってしまっている。でもシャシーの更新にあたり新たに3社が参入すると言うのだ!

ローラもスウィフトもCARTで培ったノウハウがあるので、IRLへの対応は問題ないと思われる。
けど、「デルタ・ウィング」って何者?

またIRLでは今回の更新にあたり、安全性やコストと行った従来の条件のほかに

*ニューシャーシは、インディアナポリスをベースとしてアメリカ国内で組み立てられることが望ましい。

*より軽量でコンパクトで、効率的な方法での空力特性を持っていること。

*IRLはニューシャーシに自動車産業の将来と関連した技術を持つことを望んでいる。トラックで開発されて市販車に応用できる革新的なテクノロジーを求めている。

*IRLはグリーン・レースとして、シリーズの環境へのやさしさへのリーダーとしてのイニシアチブの位置を保ち続けることを望んでいる。

などを求めている。
ダラーラはイタリア、ローラはイギリスに本拠地を持つが、これはアメリカ国内にメンテナンス工場を構えることで対応可能だろう。
しかし気になるのは「革新的なテクノロジー」と「グリーン・レース」だ。
これだけでは具体的に何を指すのか分からないのだが、もしかしてF1で上手くいかなかったKERSの搭載を考えているのだろうか?
「グリーン・・・」については現在もバイオエタノール97%を燃料に使用しているので、それを改めて強調しているだけかもしれないが。

いずれにせよ、2012年にインディカーは新しいコンセプトのもとでレースを行うことになった。
前回の入札に参加していた童夢の名前が此処に無いことは残念だが、シャシーメーカー同士の競争が戻ってくることはファンとして素直に喜びたい。


ここからは僕の単なる想像だけど。
先日支払いの問題でカンポス・メタと決裂したダラーラは、作りかけていたF1をこのカテゴリーに投入しようと考えてたりはしないのかなぁ?
ダラーラほどの会社が作ったクルマがお蔵入りしちゃうのはすごく勿体無いと思うんだよねぇ。


*動画は記事内容とは無関係です。(^^)
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/05

バレンシアテスト動員数続報

一昨日の疑問ですが、ツイッターで教えていただいた情報で真相が判明。

英AUTOSPORTによると、三日目の動員数はやはり36,400人で間違いなく、5万というのは三日間トータルの数字だった模様。
ちうわけなのでFMotorsportの中の人、もしこれをご覧になってたら訂正お願いします(^_^)
人気ブログランキングへ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/04

バレンシアテストは大盛況!!だけどホントは何人入ってたの?(^-^;

リンク: アロンソ人気でオフテストに5万人の観客: FMotorsports F1.

え?
でも昨日の英AUTOSPORT誌のレポーターのつぶやきでは「主催者発表の有料入場者数は36,400人」でしたが?
あとの14,000人はタダで潜り込んでるんでしょうか?
そもそも5万人ってどこ情報でしょうか?

まぁ3万6千人でも5万人でも、レースではなくテストの動員数だと考えれば凄まじいですね。
コースまでの道路は4kmも渋滞してた、っていうし(笑)
やっぱアロンソ、デ・ラ・ロサ、アルグエルスアリと3人もスペイン人がエントリーしてると注目度も違うんですね!

日本人もあと二人、なんとかエントリーにこぎつけて欲しいな

人気ブログランキングへ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«バレンシアテスト二日目。いきなり可夢偉が堂々の2位!!